日本共産党奈良県委員会オフィシャルホームページ

ニュース 青年のページ 政策と主張 議員 リンク お問合せ プロフィール

プロフィール:日本共産党奈良県委員会のご紹介

1.改革に取り組む基本姿勢

 日本共産党は、人類社会が将来、資本主義社会をのりこえて発展していくことを展望している党です。社会の発展については、国民の間で熟している問題をひとつひとつ解決しながら一段一段進んでゆくという「段階的発展」の立場にたっています。そして、社会発展のどの段階でも、国民の多数の合意と支持をえて、はじめて実現されるとする「多数者革命」を根本的立場としています。



▲史上はじめて一般公開された第57回県党会議

2.当面する改革の性格とその3つの目標

 この立場から日本共産党は、当面、「資本主義の枠内での民主的改革」によって、次のような日本を実現することを根本的な政治目標として活動しています。


3.民主的政権をめざす

 日本共産党は、21世紀の早い時期に民主的な連合政府を樹立し、日本の進路を民主的・平和的な方向に切りかえることをめざして活動しています。

4.奈良県では

 奈良県の共産党は、21世紀の早い時期に民主的な連合政権をつくること、そして民主的な奈良県政・地方政治への転換へがなばっています。

 

 現在、奈良県の地方議員は5人の県会議員をふくめ59人、自民党や公明党よりも多く県下では第一党です。また、大淀町は、町長と政策協定を結び、政党では共産党単独支持の民主町政で す。それでもまだ、党議員のいない自治体も残していますので、一日も早くすべての地方議会に党の議員をつくり草の根で暮らしを守り、政治を変える流れを強 めたいとがんばっています。

 

 県民のみなさんとともに、平和や暮らし、医療を守る運動や、リストラに反対して雇用を守るたたかいなどに力をつくしています。奈良県では、いま、平城宮 跡の直下に巨大トンネルをつくる計画をやめさせ世界遺産を守る運動や、20億円もの同和不正融資をただす運動、市町村合併の押し付けを許さず地方自治を守 るたたかいなど広範な県民のみなさんとすすめています。


5.日本を変え、奈良県を変えるためにあなたのお力を

 日本共産党は、民主連合政府を担える党をつくること、党を大きく強くするためにがんばっています。全国的には50万人の党をめざしています。

 

 奈良県では、現在、県下の地域、職場、学園に250をこえる支部があり4,000人近い党員、2万をこえる「しんぶん赤旗」読者が世直しにがんばっています。一日も早く5,000人の党をつくり、みなさんの期待に答えることのできるようになりたいと努力しています。

 

 奈良県を変え、日本を変えるためにあなたのお力をお貸しください。よろしくお願いいたします。

しんぶん赤旗をお読み下さい

サイトご利用にあたって | お問合せ