日本共産党奈良県委員会オフィシャルホームページ

ニュース 青年のページ 政策と主張 議員 リンク お問合せ プロフィール

民青同盟って??

 日本共産党を相談相手にしながら、若い世代の興味や関心、 やりたいことを大切にして活動している15歳から25歳くらいまでの集まりです。 職場や地域や学校に班をつくって活動しています。

 民青同盟に入ると、週1回の班会議に参加します。班会議ではみんなのやりたいことを話し合い、学習や行動の計画をたてます。願いや悩みを自由に話し合えるのも魅力です。

魅力1.不安や悩みをみんなで解決。

「厳しいノルマにおわれて休暇もとれない」

「フリーターをしているけど将来が不安」

「奨学金を改悪されたら進学できない」

「学校の授業がわからない」・・・

 

 毎日の生活の中での不安や悩みを、みんなで力を合わせて解決しています。

 ある大学の班では、新入生や受験生に奨学金の存続をもとめる署名をよびかけました。行列ができるほどの反響でした。高校生班の勉強会は「学校では先生に聞きに行くと『オレの話を聞いてたのか』と怒られる。でも、民青ならわかるまで教えてもらえてうれしい」など好評です。街頭労働相談会では「アルバイトでも有給休暇がとれることがわかってうれしい」という声が寄せられています。

魅力2.「科学の目」で世界と日本をとらえ
      社会を切り開く生き方ができます。

「テロも戦争もなくしたい」

「環境問題や貧富の差を解決したい」

 

 みんながもっている夢を実現するために、「科学の目」で世界と日本、生き方を学びます。民青同盟では、今日の激動の奥底に世の中をまともにかえていく条件が広がっていること、「社会はかわるしかえられる」ことを学ぶことができます。

 ある病院の職場班では、科学的社会主義と日本共産党綱領を学ぶ中で「日本はどんどん悪くなると思っていたが、ゆきづまり破綻しているのは自民党政治なんだとわかって元気が出た」などの感想がだされています。学生班がおこなった「平城宮跡見学ツアー」に参加した学生は「歴史が多くの民衆の手で動かされてきたことに感動した」と学ぶよろこびを実感しています。

魅力3.なんでも話せるあたたかい仲間がいます。

 班会議では、3分間スピーチで最近ハマっていることや気になっていることなど、なんでも話しあいます。仕事や生活の悩みを真剣に話し合えるのも魅力です。 「自分がたたかっている病気のことが話せてすっきりした」「学生自治会の活動やサークルでの悩みを相談できてよかった」などの感想も寄せられています。


サイトご利用にあたって | お問合せ